Social Health Insurance Plan

The Social Health Insurance Plan covers regular workers at applicable offices and their dependents. Recently, more people has gotten accepted into the plan. Even if your work time is shorter than regular workers, you may be enrolled to this plan under certain conditions. In case an insured quits an applicable working place at which he/she works, he/she can continue to be covered by the Social Health insurance plan for 2 more years by his/her choice. This special treatment is called as "voluntary continuing enrollment" and often adopted after careful comparison of the benefits and premiums amount of the Social Health insurance plan and the National Health insurance plan.

Generally, the Social Health Insurance plan is assumed as more favorable for the insureds than the National Health Insurance plan. Actually, the major benefits by those 2 plans are the same. They enable the insureds to visit a doctor by paying only 30% of the medical expenses. But, there are differences in some points. Roughly speaking, benefits provided by the Social Health Insurance plan are wider a little.

There are 2 types of insurers for this plan.The Social Health Insurance Unions and the Health Insurance Association of Japan(Zenkoku Kenko Hoken Kyokai) are them. The former are established mainly by big groups of private companies. The latter is a public body. The insurance plan run by the latter is called "KYOKAI KENPO". It is usually not a major concern for the insureds which type of the insures cover them. There are very few and minor differences by the types of the insurers.

〔In Japanese〕

社会保険制度は、適用事業所の正規従業員とその親族が加入します。近年、その加入範囲は広げられており、一定の要件を満たす場合には、労働時間が正規従業員より短い場合でも加入することが認められます。 被保険者がその働いていた適用事業所から退職する場合には、その被保険者の選択により、退職後の2年間について社会保険の被保険者として残ることができます。 これが「任意継続制度」と呼ばれる取り扱いであり、社会保険と国民健康保険それぞれの給付内容や保険料額を比較検討した上で、任意継続制度が選択されることがよく見られます。

一般に、社会保険は、国民健康保険よりも加入者に有利であると考えられています。その中核的なメリットはいずれも同じで、病院にかかる際の医療費の負担が3割で済むことです。 しかし、その他の面に相違があります。大雑把に言って、社会保険の方がその給付が幅広いものとなっているのです。

社会保険制度の保険者には、健康保険組合と全国健康保険協会との2種類があります。健康保険組合は主に民間の大企業グループが結成したもので、全国健康保険協会は公的機関です。 全国健康保険協会によって運用されている保険制度を「協会けんぽ」と呼んでいます。通常の場合、どちらの保険者の下で社会保険に加入しているかは、その加入者にとって重大な関心事ではありません。 加入者にとって、ほとんど相違はないからです。

Enrollment Procedures

The procedures for the enrollment into the Social Health Insurance Plan shall be conducted by the employers. They shall judge the qualification for the enrollment and submit the applications on behalf of theie employers if necessary. So, you do not have to do any troublesome work for it. What you have to do is only to fill out some documents handed by your employer.

People living abroad will be excluded from the qualified dependents since April 2020. Heretofore, some pointed out that we can not check if the insucrance benefits were provided properly when the cases occured abroad. This revision causes a disadvantage for foreign people coming to work in Japan. Those who obviously have a domicile in Japan will be covered continuously. For example, a student staying abroad to study for several months shall be included in this category.

By the way, notwithstanding the mandatory procedures mentioned above, some employers omit them by accident or intentionally. In some cases, the employers are simply not experienced in such desk works. However, there are more serious cases. To have their employees join in this plan raises a large financial burden on the employer, as I tell in the following chapter. Therefore, there are comapnies which yield to temptation to ignore the obligation. Maybe, It is difficult for you, as an employee, to change your employer's mind. But, I recommend you to check you are enrolled in the appropriate plan. You can know it by checking your salary statement. In case you are enrolled into the social health insurance plan, the corresponding premiums shall be deducted from your monthly saraly.

〔In Japanese〕

社会保険への加入手続きは、雇い主によって行われることになっていいます。雇い主がその従業員の加入資格を判定し、必要に応じて加入手続きをするのです。 よって、貴方が面倒な加入手続きをする必要はありません。貴方は、雇い主から渡された書類に必要事項を記入するだけで良いのです。

ところで、2020年4月から、国外に居住する人は、被扶養者として社会保険制度に加入することができる対象者から除外されることになりました。 従来から、保険事故が海外で起こった場合に、社会保険給付が適切に行われているのか、確認ができないという問題点が指摘されていました。この改正は、故国の家族と離れて日本に働きに来ている外国人には不利となります。 日本に生活の本拠を有することが明らかである人については、引き続き被保険者となることができます。たとえば、数カ月の予定で留学している人などが、この類型に当てはまります。

ところで、先述した加入手続きの規定があるにも関わらず、故意あるいは過失によって、必要な加入手続きを行わない雇い主もいます。単に、雇い主がこのような事務作業に慣れていない場合もありますが、より深刻な場合もあります。 次章で述べる通り、一般的に、従業員を社会保険に加入させることは、その雇い主にとって大きな経済的な負担となります。このため、小さな会社において、この負担を免れたいとの誘惑に駆られることは、必ずしも珍しいことではないのです。 一従業員である貴方にとって、雇い主の考えを改めさせることは難しいかもしれませんが、せめて、加入手続きが適切に行われているかどうかは、確認しておきたいものです。 給与明細を見ることで、その確認ができます。貴方が社会保険に加入できていれば、社会保険料が月々の給与から天引きされているはずです。

Insurance Premiums

The Insurance premiums of this plan are calculated according to the calculation table prepared by the insurer. The premiums amount can vary by the insurers, but only very little. If you are insured by the Health Insurance Association of Japan, living in Tokyo, the premium rate after March 2020 is 9.87%. The premium for March shall be deducted from the monthly salariy paid in April and paid at the end of the month to the insurer's office.

While the premiums of the National Health Insurance plan are calculated variously on different kinds of calculation elements, the premiums of the Social Health Insurance plan is calculated based on your salaries and bonuses alone. This is one of the most important differences between these 2 plans.

And, another difference is that the Social Health Insurance premiums are borne by the employer to the half. So, generally speaking, the burden on the insured is less than that on the National Health Insurance plan Insured, even when the both get earnings at the same level. In other words, the employers are made to bear the burden, which is never light especially for small companies. Please note your employer pays far more than what you receive directly.

The premiums borne by the each insured shall be deducted from monthly salaries and bonuses. It is similar to the income tax under the withholding tax system or the inhabitant tax under the Special collection sysytem. The premiums are paid to the insurer by the relevant employer together with the premiums borne by the employer.

〔In Japanese〕

社会保険制度の保険料額は、その保険者によって策定された料率表に従って算定されます。保険者によって保険料に差がでることがありますが、その差は僅かです。 東京に住む、協会けんぽの加入者の場合には、2020年3月以降の保険料率は9.87%となっています。3月分の保険料は、4月の給与から天引きされ、4月末に納付されることになっています。

国民健康保険の保険料額は多様な計算要素に応じて様々ですが、社会保険の保険料は専らその給与額を基礎として算定されます。これが、両制度の大きな違いです。

もう1つの違いは、社会保険の保険料は、その雇い主によって半額が負担されるということです。このため、一般的に社会保険制度の加入者の負担は、同程度の所得水準にある国民健康保険の加入者に比べ小さくなります。 逆に言えば、雇い主がその負担をしているわけです。この負担は、特に小規模企業において、決して軽いものではありません。 雇い主は、貴方が直接に受け取る給与よりもはるかに大きな金額を支払っていることを知っておいたほうがよいでしょう。

個々の加入者が負担する保険料は、月々の給与やボーナスから差し引かれます。これは、源泉徴収制度による所得税や、特別徴収制度による住民税と同様です。 これらの社会保険料は、雇い主の負担分とあわせて、雇い主から保険者に納付されます。